特定非営利活動法人 次世代サポート

平成28年度  川崎市すくらむ21
ファミリーほっとサロン 


「ファミリーほっとサロン」の様子をお伝えします

□7月 7日(木)  「星に願いを」

今年度初めてのほっとさろん
名称も、「ファミリーほっとサロン」になりました。
「サロン再開待ってました。」「サロンが始まって良かった。」
「ホームページをチェックしていました。」とたくさんの
親子さんが待っていてくれました。
4か月ぶりにお会いするお子さんたち。
懐かしく、またその成長にびっくりです。
今日は3か月のお子さんも遊びに来てくれました。

企画 「星に願いを」
キラキラ星・七夕の歌や手遊びをして楽しみました。
紙皿を使った七夕飾りを作りました。
好きな色の織姫・彦星や笹などを飾り付け短冊を付けて完成。
お子さんたちも星のシールをペタン。
素敵な七夕飾りが出来ました。

8月は盆踊り+リトミック 「ぼんおどリトミック」
身体を動かせる服でいらしてくださいね。
お待ちしてます。

□8月 4日(木)  「ぼんおどリトミック」

暑い中、0歳さん1歳さんを中心にたくさんの親子さんが元気に
遊びに来てくれました。初めての参加の親子さん!そしてパパの参加も!
お子さんたちはお友達のパパの参加に驚くこともなくいつものように楽しく
遊んでいました。
今日はパパに期待を込めて(上手く組み立ててもらえるかな?)木製の
汽車、レールセットをだしたら・・・男の子たちが目をキラキラ・・・。
パパ、ママたちが上手に繋げてくれました。

企画 「ぼんおどリトミック」
絵本の中の動物たちと音楽に合わせて身体を動かし・・
1歳さんは一人で踊り,0歳さんはお母様と一緒に。
手遊びもパパがニコニコ顔でみんなと一緒に参加していました。

帰りの時0歳さんのお母様たちが「楽しかったです。来てよかったです。
また来ます。」と声をかけてくれました
また来てくださいね。

次回は9月1日 企画「ママ・パパのホームケア」
成長するにしたがい危険もいっぱい!こどもの病気は?
専門の講師スタッフが質問にもお答えします。
お気軽にどうぞ!

□9月 1日(木)  「ママ・パパのホームケア」

残暑の厳しい中、今日は25組の親子さん、30人のお子さんが遊びに来て
くださいました。
サロンは初めてという親子さんは8組、また、ごきょうだいでいらした方もいて
今日のサロンは小さい赤ちゃんから、大きなお兄ちゃんまで、とっても賑やかな
サロンになりました。
それぞれの年齢で遊び込めるように、ハウスとトンネルをつなげたボール
プールや、木製の汽車の大きなレールセットなど、お部屋の中にそれぞれの
コーナーを作って楽しみました。
企画の前には、ちょっと集中!絵本の読み聞かせや、紙芝居など、
お子さんたちは目をキラキラさせながら聞いてくださいました。

企画 「ママ・パパのホームケア」
今日はお子さんの身の回りに起こりやすい事故や、いざという時のケガの
応急手当、そして秋冬に多い子どもの病気とお家で気を付けたいケアの
ポイントについてなど、看護師のスタッフが資料をお渡しして説明しました。
30〜40分のお話だったのですが、お母さま方は車座になって、皆さん真剣に
お話を聞いてくださいました。小さなお子さんたちもお母さまの傍で一緒に
なってきいてくださり、とても協力的でした!

企画の後は、皆でランチタイムです。即席のテーブルを囲んで、お母さま方と
お子さんたちで一緒にお食事を楽しんでいらっしゃいました。
お友達と一緒に食べるお食事に、お子さんたちもニコニコ、ご機嫌な様子。
お弁当が一層美味しく感じる時間のようでした。

残暑の中でも、お子さんたちは元気一杯!
スタッフもお子さんたちの笑顔を 見て、元気をもらいました!

次回は10月6日(木)「子どもの育ちと関わり方」
皆さん、子育てを楽しんでいらっしゃいますか?
保育の現場で長く活躍している、保育士で発達心理学の専門家である
スタッフが子育てのお話をいたします。ちょっと気になる子育てのこと、
子どものこと、皆さんのご質問にもお答えいたします。
皆様のご参加をお待ちしています!

□10月 6日(木)  「子どもの育ちと関わり方」

今日も初めての親子さんがたくさん遊びに来てくれました。
2歳さんはお気に入りのおもちゃで遊びに夢中でしたが、テントを出すと、
組み立てる前に潜ってご機嫌です。
お母様が組み立てを手伝ってくださいました。

企画 「子どもの育ちと関わり方」
お話の前に講師スタッフが、紙皿で作った楽しい知育おもちゃに皆びっくり!!
つぎはお母様のお膝に座って、車になったり船になったりして動くと、
皆大喜びでした。
企画のお話になると、皆さん真剣に聞いてくださり、頷いたり、はぁっ!としたり。
子育ての自信になれば幸いです。
質問の時間も取りました。
何人かのお母様が相談され、スタッフがお答えしました。

次回は10月10日(月・祝)
〜パパとママと赤ちゃんのための〜「はじめてのクラシック」
ファミリーほっとサロン始まって以来の、週末イベント企画第1弾です。
小さいお子さんからご家族皆様で楽しめるコンサートです!
入場料無料、どうぞ皆様でお越しください!


□10月10日(月・祝) 
〜パパとママと赤ちゃんのための〜
    「はじめてのクラシック」

お天気にも恵まれ、開演前、大勢のお客様が次々とご来場され、 ホールに
列を作りました。 800名を超える満席となりましたが、どなたもお断りすることなく
ご案内できました。

満席の「すくらむ21ホール」は、かわいい赤ちゃんの泣き声と、舞台を見て、
音楽を聞いて、びっくりしたり、喜んだりされるお子様の様々な反応で、
ちょっと普通のコンサートは違う熱気にあふれ、演奏もお芝居も、
そんなお客様からのエネルギーを頂いて、相乗的にとても生き生きとした
素晴らしいものになりました。
ちょっとびっくりしたり、暑かったりで、途中泣いてしまったお子様も
いらっしゃいましたが、「あかちゃんは泣くのがお仕事」という劇中の
セリフの ごとく、温かい「お互い様」の心遣いで、コンサート会場がまるで
「子どもの森」のように、子育て支援の共鳴空間となりました。
むずかるお子様のために途中退出されてもロビーでモニターを聞き続けた
お母様方、「お見送りの音楽」のときも最後まで舞台から離れなかったお子様、
ヴァイオリンやチェロやピアノの「動物さん」たちの「出待ち」をして、
一緒に記念写真を撮られたご家族、演奏中にも「動物さん」に手を振って
くださったお子様、「勉強になった」とつぶやいてくださったお父様も
いらっしゃいました。帰り際に「ありがとうございました。楽しかったです」という
お声かけをたくさん頂き、スタッフは報われた思いで一杯でした。
アンケートにももったいないくらいのお褒めの言葉をたくさんいただきました。
ありがとうございました。

次回は11月3日(木・祝)「パパもいっしょにつくってあそぼう」
パパの参加大歓迎! 身近なものを使ってダイナミックに遊びましょう。
来られないパパにはママが教えてあげてくださいね。
皆さまのご参加をお待ちしています。

□11月 3日(木)  「パパもいっしょにつくってあそぼう」

今日は祭日でしたが、ファミリーほっとサロンには7組の親子さんが
遊びに来てくれました。パパも一緒に!
パパたちに木製汽車セットをレールから組立てていただきました。
お子さんたちは汽車を長く繋げて走らせてご機嫌でした。
ボールプールでもたくさんの遊びをしました。

企画「パパもいっしょに作って遊ぼう」
新聞紙を使って遊びました。新聞紙でも色々遊べます。
穴を開けていないいないばあっ!・・洋服にもなりますね。
メインイベントはテント作り!!
パパもママも頑張って大小様々なテントができました。
お子さんが入れる立派なテントもできました。
最後は小さくちぎって、紙吹雪!お子さんたちは大興奮でした。

次回は121日(木)「ハッピー・クリスマス」
ちょっと早めのクリスマスを楽しみましょう。
お待ちしています。

□12月 1日(木)  「ハッピー・クリスマス」

今日は初めての親子さん8組を含む、27組の親子さんが遊びに
来てくれました。企画の開始に合わせて、皆さん早くから集まって
くれました。
ママに抱っこされてサロンに遊びに来たお子さんたちは、
みんなまだ少し眠たそうでしたが、フロアに降りるとすぐに
気に入ったおもちゃを見つけて楽しそうに元気に遊び始めました。

企画「ハッピー・クリスマス」
ちょっと早めですが・・・今日の企画はハッピー・クリスマス!
みんながよく知っているクリスマスソングを、キーボードの音楽に
合わせて楽しく合唱しました。
「慌てん坊のサンタクロース」ではスタッフがサンタさんの帽子を
かぶって、ノリノリで歌い、「ジングルベル」では、お子さんたちが
上手にマラカスや鈴を鳴らして、クリスマスソングを皆で楽しく
歌いました。
そのあとは皆で可愛い緑のパーティーハットの制作です。
材料を皆さんに渡して、それぞれ思い思いにシールを貼ったら、
ハットのてっぺんにお星さまを付けて出来上がり!
ステキに仕上がったパーティーハットにみんな嬉しそう!
ハットをかぶったご機嫌なお子さんたちを囲んで、ちょっとした
撮影会が始まっていました。

企画の後はそれぞれ好きなおもちゃで遊んだり、ちょっと大きな
お子さんたちはボールのテントやプールで大喜び。
皆さん思いっきり体を動かして遊んでいました。

ハッピー・クリスマス、皆さんもどうぞご家族で楽しいクリスマスを
お迎えくださいね。
そして、来年もまた元気にファミリーほっとサロンに遊びに
来てくださいね!

次回は22日(木)「伝承遊び」
日本に昔から伝わる遊びのいろいろをご紹介します。
最近はあまり見かけなくなった伝承遊びの面白さを
皆さんで楽しみませんか?ご参加をお待ちしています。

1月の「ファミリーほっとサロン」は週末イベントとして
121日(土)に開催いたします。
こちらは事前予約が必要となりますので、次世代サポートまで
お問い合わせくださいますようお願いいたします。

□1月 21日(土)
      「世界にひとつだけの子守歌」
   ソプラノとギターによるミニ・コンサート付き

お天気にも恵まれ、今日は17組の親子さんがいらしてくださいました。
お子さんは19人、週末イベントということで、8人のお父様も参加して
くださいました。

今回はお父様、お母様に、お子さんへの愛情をこめて
「世界にひとつだけの子守歌」を作っていただくという初めての
企画でしたが、参加者の募集を始めてから、わずか1か月で予約が
一杯になってしまい、キャンセル待ちの方もいらっしゃるというくらい
大変な人気で、スタッフ一同とても嬉しい驚きでした。

まず初めにスタッフからのご挨拶をさせていただき、そのあとは
プロのピアニストが「子守歌」についていろいろお話させて
いただきました。
そもそも、「子守歌」とはどんな歌?歌詞は?赤ちゃんが落ち着く
リズムって?メロディーは?
世界の「子守歌」にはどんな歌があるの?
ディズニーの中の「子守歌」などなど、どれも初めて聞くような
お話ばかりで、いつも歌っている「子守歌」にもこんなにたくさんの
秘密があるとは!と目からウロコのお話でした。
お父様もお母様もとても興味深く聞いてくださり、特にお父様は
真剣なお顔で、一生懸命聞いていらっしゃいました。

お話の後は、いよいよ「子守歌」の制作です。
皆さんにお配りした「子守歌」を作るためのマインドマップや、
歌詞を書き入れるための紙を前に、お父様とお母さまが頭を
ひねっていらっしゃいます。
お子さんの事をいろいろと思い浮かべながら、お子さんへの愛情を
歌という形にしていく作業、初めてのことに皆さん悩みながらも、
とても楽しそうに作っていらっしゃいました。

歌詞ができて、何となく曲のイメージがまとまったら、
次はプロの音楽家達による採譜係が待つテーブルへ。
さぁ、いよいよ「世界にひとつだけの子守歌」を作ります。

お父様やお母様の頭の中にあった音が、音符となってメロディーと
なっていきます。
中には、お父様とお母様の中で意見が分かれる場面も!
「う〜ん」と悩ましいお声も聞こえて、皆さん、採譜係にイメージを
伝えようと一生懸命です。採譜係も一緒になって、イメージを曲に直す
お手伝いをします。
そして、ようやく完成!!皆さん、一仕事終えたようなお顔で
ニコニコされているのがとても印象的でした。

採譜係が書き留めた譜面を清書する間、プロのソプラノ歌手と
ギターによるミニ・コンサートを楽しみました。
世界から日本各地の子守歌まで、若いお父様やお母様方は
日本の子守歌でも初めて聞く曲もあったようです。
耳慣れたディズニーアニメの子守歌では、皆さんゆらゆらとお子さんを
抱っこしながら聞いていらっしゃいました。

素敵な歌声と魅力的なギターの音色に、しばし時間を忘れて
ゆったりと子守歌の世界に浸りました。

穏やかな子守唄の世界を堪能して、すっかりお子さんたちも
スヤスヤ、ウトウトとした頃、清書した譜面をもって採譜係が
戻ってきました!
待ちかねていた皆さんに一つひとつお渡しして、イベントは終了!
大切な可愛いわが子のために、お父様お母様が作った
「世界でひとつだけの子守歌」、皆さん出来上がった譜面を、嬉しそうに
大切にしまわれて帰ってゆかれました。

どうぞ皆さん、お子さんのための世界でたった一つの子守歌、
たくさん歌ってあげてくださいね!

□2月 2日(木)  「伝承遊び」

今日は2歳さんがたくさん遊びに来てくれました。
2ヶ月の乳児さんも一緒に。
もうすぐ3歳になるお子さんは、そばに来て「かわいい!」
とニコニコ顔で見ていました。
みんな仲良く遊んでいました。

企画「伝承遊び」
明日は節分・大きな赤鬼の顔にボールやお手玉をぶつけて
おには〜そと!最初は怖がっていたお友達も、積極的に
鬼退治しているお友達を見てボールをぶつけ始めると・・・
もう止まりません。みんなで退治しました。
お手玉・けん玉・福笑い・・けん玉が上手なお母様をお子さんが
じーと見ていました。すごい!
福笑いはお子さんが楽しい顔にしていました。
みんな、初めての福笑い上手にできました
「はないちもんめ」や「あんたがたどこさ」を、みんなで手をつなぎ
輪になりくるくる!進んだり戻ったり!身体を動かして楽しみました。

紙芝居・・「どうして豆まきするようになったのか?」 2歳さんたちは
前に座って真剣に見ていました。
アンコールに応えて「おおきくなあれ」も読みました。

最後にお片付けのお手伝い、ありがとうございました。

次回は3月2日(木)「ひな祭り」
ひな祭りを歌と工作でお祝いしながら、
ご一緒に1年を振り返ってみませんか?
皆様のご参加をお待ちしております。

□3月 3日(木)  「ひな祭り」

明日は節分・大きな赤鬼の顔にボールやお手玉をぶつけて
おには〜そと!最初は怖がっていたお友達も、積極的に
鬼退治しているお友達を見てボールをぶつけ始めると・・・
もう止まりません。みんなで退治しました。
お手玉・けん玉・福笑い・・けん玉が上手なお母様をお子さんが
じーと見ていました。すごい!

今日も初めての親子さんが2組いらして、24人の親子さんが
遊びに来てくれました。
お馴染みのお友達は○○ちゃん!○○くん!と呼び合って
すぐに遊びだしていました。
お母様たちもお子さんと遊んだり、お互いの近況報告をしたり、
和気あいあい!
暖かくて和やかな雰囲気のサロンでした。

企画「ひな祭り」
室内をひな祭りの飾り付けをして
「灯りをつけましょうぼんぼりに・・」「はるよこい」
歌をうたい、紙皿を利用した雛飾りを作り、 ひな祭りを楽しみました。
2,3歳さんは自分で紙を貼って上手に雛飾りを作っていました。
お母様たちは「家にかざります。」と言って丁寧に作っていました。
1日だけでも飾っていただけたら・・・。

最後に「だるまさんが」を読んでみんなでゆらゆうら・・しました。
初めはお母様に抱かれてゆらゆら、膝の上でゆらゆら、
支え立ちでゆらゆらしていたお子さんたちが、
今はひとりで大きくゆうらゆら!
お子さんたちの成長を実感してスタッフ一同大感激!!

企画の後も、小さなお子さんたちは、サロンの壁に貼った
スタッフ手作りのパネルシアターで楽しく遊びました。
大小の桜の花や菜の花を貼ったり、いろんな野菜を入れて
お鍋を作ったり、小さなお子さんたちは遊びながら、
柔らかな布の感触も楽しんでいました。

今年度のサロンのお別れに、お母様へお花を(スタッフ一同の
感謝の気持ちを込めて)お持ち帰りいただきました。
今年度のファミリーほっとサロンは今日で最後になりますが、
この一年もたくさんの親子さんが遊びに来てくださいました。
また、今年は初めての企画として週末イベントも開催し、
お父さんや祖父母の方など、普段はサロンにいらっしゃれない方々も
たくさん参加してくださいました。
みなさま、次世代サポートのファミリーほっとサロンに遊びに
来てくださりありがとうございました。

長い間、本当に多くのお母さんやお子さんの笑顔に支えられて、
充実した楽しい時間を過ごすことができました。
この間、皆様からお寄せいただいたお声は、私たち次世代サポートの
スタッフにとって、とても大切な財産となりました。

「このサロンを楽しみにしていました」「3年間通っていました」
「下の子が生まれたときから通っていました」「寂しいです」
「サロンも好きでしたが、スタッフの皆さんが好きでした」
「ありがとうございました」などなど、書ききれないほどの温かいお声に、
どれほど私たちが嬉しかったことか!!

「ありがとうございました」は私たちから皆様に
送らせていただきたい言葉です。

改めましてスタッフ一同、心よりお礼を申し上げますと共に、
たくさんの笑顔をくれたお子さんたちの健やかなご成長を
心よりお祈りいたしております。

次世代サポートスタッフ一同